合格体験談

  • HOME
  • 合格体験談

みらいスタディでは、これまでたくさんの受講生が成果を出してきました。
カリキュラムを受講し、夢を叶えた卒業生の合格体験談をご紹介します。

CASE1

3浪目まで予備校に通ったものの不合格が続く…

みらいスタディ受講後の模試で初めて9割超えを達成して、念願の”北海道大学獣医学部”に堂々合格!


CASE2

勉強時間ゼロから1ヶ月で10時間勉強の習慣化に成功

センター試験利用入試で、本命の私立大学に一発合格!




CASE1

3浪目まで予備校に通ったものの不合格が続く…

みらいスタディ受講後の模試で初めて9割超えを達成して、念願の”北海道大学獣医学部”に堂々合格!

氏名:田中さん(男性・22歳)
学年:4浪
入会時期:8月(プレミアムコース)
入会時の状態:
3浪まで予備校に通い、4浪は自宅浪人として独学で勉強。
行き詰まりを感じていた時に、親から入塾を進められる。
勉強計画を立ててもらえるので、効果がありそうと感じて入塾。

みらいスタディ代表コーチ 菅原(以下 菅原) 合格おめでとうございます!
何年間もの頑張りが花開きましたね。

田中さん(以下敬称略) はい。ありがとうございます!

菅原 田中さんは4浪目での合格ですよね。
現役のときも含めると、5年間諦めないで頑張り続けたわけじゃないですか。

田中 はい。そうですね。

菅原 田中さんと同じように、夢に向かって何年間も頑張り続けている受験生はたくさんいます。
でも、不合格が続くと自信がなくなったり、失敗するクセがついたりして、合格するのが難しくなっていっちゃうんですよね‥‥。

田中 それは分かる気がします。

菅原 そんななか、今年合格できたのは素晴らしいことですよ。
きっと、これまでの不合格と今年の合格には、それぞれ理由があると思います。
今日はこのあたりのことを聞かせてください!

田中 はい。よろしくお願いします!

勉強内容を決めてもらえてラクだった。
今まで「これまでやれば大丈夫」というラインが分からなかったので・・・

ペンと赤本と砂時計


菅原 実際にみらいスタディをやってみてからの印象はどうでしたか?

田中 一週間の勉強予定とか今後の目標が決まったことで、すごくやる気が出ました。
勉強予定は菅原さんに作ってもらっちゃってたんですけど…(笑)

菅原 田中さんはプレミアムコースだったので、勉強計画シートは僕が毎月書いて送らせてもらっていました。
プレミアムコースの受講生は、みんな共通して「勉強計画を作ってもらえたのが良かった」と言ってくれますね。

田中 これだけやれば良いんだっていう区切りができたおかげで、モチベーションを保てていた気がします。
それまでは、区切りがないので際限なくやり続けて、疲れて勉強できなくなる、みたいな悪循環が何度かあったので。

菅原 僕が作った計画に沿って勉強してもらいましたけど、そのあたりはどうでしたか?

田中 勉強することを決めてもらえるのは、かなりラクでした。
今まで「これだけやれば大丈夫」っていうラインが分からなかったので。
そのラインを作ってもらえたのはすごく良かったです。

菅原 みらいスタディでの勉強は予備校のやり方と大きく違う部分も多かったと思います。
そのあたりで、違和感や戸惑いとかはなかったですか?

田中 予備校では講義室で授業が行われて、チューターがクラス全体をみている印象があって。
まぁ当たり前なんですけど、一人ひとりは対応しきれていない感じでした。
みらいスタディでは個人に合わせて一人ひとりみてくれたので、すごく助かりましたね。

菅原 たしかにみらいスタディでは、個々に合わせてサポートをさせてもらっています。
それが田中さんには合っていたのかもしれませんね。

田中 自分に一番合う指導をしてもらいたかったり、周りに受験勉強をしている人がいない人には良いと思います。
自分1人で頑張り続けるのは難しいので、自分で自分を律するのが苦手な人にも絶対助けになると思いますね。

計画を考えてもらえていたので、勉強内容に迷いがなかった。
模試で自己最高点が出て自信がついた

虫眼鏡と道


菅原 8月にみらいスタディがスタートしてから、9月には1日12コマの勉強をできるようになって、早寝早起きや朝のウォーキングの習慣を身につけることができました。
10月に受けたマーク模試では、全科目の合計点で859点(/950点)を取ることができました。
得点率でいうと、9割超えです!
9割を超えたのは、このときが初めてでしたよね?

田中 はい。9割取れたのは初めてでした。

菅原 みらいスタディが始まって2ヶ月弱というタイミングでの自己最高点です。
これまで3年間予備校に通っても超えられなかった壁をわずか2ヶ月で超えられたのには、きっと何か理由があるんじゃないかなと思います。
一体何が田中さんを変えたのだと思いますか?

田中 うーん‥‥。やっぱり、勉強する科目に偏りがなくなったことですかね。
毎日少しずつでもすべての科目を勉強していたことで、不安がなくなってきたのが大きかったと思います。
勉強計画も全部考えてもらえていたので、勉強している内容にも迷いがなかったです。
あとは、良い生活リズムや運動を習慣づけられたことによって、勉強への集中力が上がっていたこともあるのかなと思います。
実際、勉強もコツコツ積み上げられていたので、自信もついていました。

菅原 新しい行動を習慣化できたことで自信がついて、それによって毎日勉強を進められるようになってさらに自信がついて。
そして、模試で結果が出たら、どんどん自信がついていきますよね。
まさに、プラスの波に乗れていたんじゃないかなと思います。

やり続けても結果が出ないときはある
でも、やり続けないと結果は出ない。周りに流されないで続けることが大切

桜の花


菅原 最後に、これから大学受験に向かって頑張ろうとしている後輩たちに、
何かアドバイスをお願いします。

田中 何かを続けようとすると、どうしても結果が出ないときもあって、不安になることもあります。
でも、やらないと結果は出ないので、続けることが大事なのかなと思いますね。
予備校にいたときに、不安に負けてつい逃げてしまう人をよく見ました。
つい遊んでしまうとか、周りの仲間とダラダラ喋ってるとか。
逃げる方法はいくらでもあるけれど、周りに流されないで続けていくことが結果につながると思いますね。

菅原 やり続けても、結果が出ないときもある。
けれども、やり続けないと結果は出ない、と。

田中 そうですね。

菅原 途中、不安に襲われて逃げてしまう人もいるけれど、周りに流されずに取り組み続けることが大事、というわけですね。
うーん、田中さんの5年間をそのまま凝縮したかのような、ものすごく説得力のある言葉だと感じました。

田中 ははは(笑)ありがとうございます。

菅原 とても良いメッセージを頂きました。ありがとうございました!




CASE2

勉強時間ゼロから1ヶ月で10時間勉強の習慣化に成功

センター試験利用入試で、本命の私立大学に一発合格!

※2021年度からセンター試験に代わって大学入学共通テストが実施されます。

氏名:百田さん(女性・19歳)
学年:1浪
入会時期:10月 [スタンダードコース]
入会時の状態:
高校卒業後の6月に、大学受験への挑戦を決断。
塾でも自宅浪人でも勉強が続かなくてみらいスタディへ入会。
入塾直前の9月は、勉強時間が0時間だった。

みらいスタディ代表コーチ 菅原(以下 菅原) 合格おめでとうございます!
念願の大学に合格できて、率直に今どんな気分ですか?

百田さん(以下敬称略) もちろん、嬉しいですね!
あと、浪人生だから結果を出さなくちゃっていうプレッシャーがずっとあったので、解放感も大きいです。

菅原 なるほど。それは良かったです。
たしかに百田さんは、良い意味で自分にプレッシャーをかけて頑張ってくれていましたからね。
解放感も大きいだろうなって思います。

百田 はい(笑)

菅原 百田さんはみらいスタディに申し込んでくれたときに「合格体験談を読んで、私と似たような状況から合格した方々がいたので入会したい」と書いてくれていました。覚えてますか?

百田 はい。覚えてます(笑)

菅原 今度は体験談を伝える側になりましたね!

百田 すごく嬉しいです!

菅原さんから返信をもらうたびに、
見てくれている人がいるって思ってやる気が出てきました

ガッツポーズをする女性

菅原 みらいスタディがスタートしてみて、実際の印象はどうでしたか?

百田 正直に言っちゃうと、インターネットというのもあって、最初はちょっと不安だったんですよ。
でも、何もやらないよりは絶対にましだって思って、勇気を出して入ってみたんです。

菅原 そうですよね。
正直に伝えてくれて、ありがとうございます。

百田 個別ルームで菅原さんが毎日の勉強報告に対して、返信をくれるじゃないですか。
今でも覚えてるんですけど、最初の返信をもらったときに、ものすごく嬉しくて。
「あ、本当に返信が来た!」って思いました(笑)

菅原 ははは(笑)
たしかに、インターネットだと、本当に菅原っていう人がいるのか分からないですからね‥‥。

百田 菅原さんから返信をもらうたびに、自分のことを見てくれている人がいるんだって思えて、やる気が出てきました。

菅原 個別ルームや個別相談会でやり取りをしていきながら、最初の不安が解消されていったみたいで良かったです。

うまくいかない日もあったけど、
そういうときに励ましの言葉をもらえたのがすごく大きかった

you can do it

菅原 10月にみらいスタディをスタートしたときは、まったく勉強できないような状態でした。
そこから徐々に勉強時間を増やしていって、1ヶ月後には1日10コマ(※1コマ:50分勉強+10分休憩)できるようになりましたよね。

百田 はい。そうでした。

菅原 ゼロから1日10コマできるようになるのって、結構すごいことですよね。
一体、何が百田さんを変えたんでしょうか?

百田 私、他の人に見られてると頑張らなきゃって思えるんですよ。
家で1人でいるとだらだらしちゃうのに、
外では周りから「百田さんはしっかり者だよね」って思われるようなキャラクターになるんです(笑)

菅原 なるほど。
見られてると頑張れるっていうのは、たしかにありますよね。

百田 そうなんですよ。見られてると、もっと頑張らなきゃって自分に鞭を打てる感じがします。
私がみらいスタディでコマ数を増やしていく中で、多少、今日はできなかったっていう日もあったと思います。
そういうときに励ましの言葉をもらえたのが、すごく大きかったです。


菅原 人に見られてるっていうのも大事だけど、実際に取り組みながら励ましがあるかどうか。
そして、そのときに抱えてる悩みとかを話せるかどうかも大きかったっていうことなんですね。

百田 はい。そうですね。

菅原 たしかに、新しいことにチャレンジするときには失敗がつきものです。
そこで、自分1人で失敗を抱えるか、励ましてくれる仲間がいるかというのは、大きな違いが出てくるでしょうね。

最後の最後まで諦めないでほしい
辛いときや頑張るのが嫌なときも、なんとかなるって自分に言い聞かせて

マークシート

菅原 最後に、これから受験に臨む後輩たちに向けてメッセージをお願いします。

百田 最後の最後まで、絶対に諦めないでほしいです。
どんな人でも、辛かったり、何かが嫌になる瞬間ってあると思うんです。
でも、「なんとかなるから大丈夫!」って自分に言い聞かせてほしいと思います。

菅原 百田さん自身も、辛いことがあっても最後まで諦めなかったですよね。

百田 センター試験のときに、菅原さんから「試験終了っていわれる瞬間、本当に最後の最後まで絶対に諦めないで」って言われて、
その言葉を試験の見直しのときにずっと思い出してました。

菅原 そうだったんですか。

百田 私、実はマーク模試とかセンターの過去問を解いたときに、ほとんど見直しをしたことがなかったんですよ。
それで、80点以上を取れたことがなくて。
でもセンターでは、5~6回見直しをしました。
試験時間、最後の1秒まで。それで初めて85点を取れたんです。
最後まで諦めないのは大切だなって本当に実感しました。

菅原 本番で実践できて良かったですね。

百田 それから、試験の結果はそれまでどれだけ頑張ったかで決まると思ってます。
すごい悩んでても、気楽にいても、あまり関係ないような気がして。
だから、多少楽観的になっても良いような気がするんですよね。
だから、「大丈夫!」って自分に言い聞かせてほしいと思います。

菅原 実際にいろいろ悩んできた百田さんだからこそ、言える言葉でしょうね。
試験が終わってみたら、本当に大丈夫だったというか、むしろ良い結果でしたからね。
説得力のある言葉だと感じました。
とても良いアドバイス、ありがとうございました!

オンラインの個別相談を体験してみてください

無料相談会

無料相談会では、夢を叶える力を身につけるために必要なことなどをお伝えします。あなたが抱えている課題を解決するヒントが見つかるでしょう。
パソコン・スマホ・タブレットがあれば、場所を選ばずに無料で受けることができます。 みらいスタディのテキストサンプルもご覧いただけます。
ぜひお気軽にご参加ください!

無料相談会のお申込み

お申込みは1分で完了します。
みらいスタディへの無理な勧誘はいたしません。
どうぞお気軽にご参加ください。