11月に意識することまとめ

やる気, 勉強計画, 時間管理, 考え方

11月に入りました。受験が近づいてきている分、色々なことをやりたくなったり、受験への不安が増してきたりする人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は皆さんに11月に意識してほしいことを5つ紹介します!

復習を通して、知識を定着させる

問題集を解く学生

この時期は今までに解いた教材や模試等の復習を通して、自分に足りていないものを探し弱点を克服することが大切です。

特に何度も間違えている問題には要注意です。解き直しや類似問題による演習を繰り返し行い、知識を定着させましょう。

入試に向けて演習問題をすることも大切ですが、今までに間違えた問題の理解が曖昧だと苦手が増えていく一方なので、復習を通して得意な問題やできるようになる問題を増やしていきましょう。

またこの時期は模試を受験する機会も増えてくると思います。模試は模試後の復習をしっかりと行うことが成績アップに繋がるカギとなります!模試の復習を通して自分の弱点を正確に把握しましょう。「模試の活用方法を知って、成績アップに繋げたい!」という人は模試の活用法まとめの記事もオススメです^^

勉強計画を必ず作る

カレンダー

入試が近づくと、「勉強計画を立てる時間はもったいない」と感じてしまう人もいるかもしれません。しかし限られた時間だからこそ、自分にとって最適な勉強計画を立てることが合格の道へと繋がるでしょう。

1日にやるべきことが明確になった状態で勉強をすると、効率的に勉強することができるだけでなく、焦らず勉強に集中して取り組むことができます。

「1ヶ月間、何を、いつまでに、どれくらいの量取り組むか」のように学習ペースを正確に把握することが点数アップに繋がりますので、自分に最適なオリジナルの勉強計画を作りましょう!

「勉強計画の立て方について知りたい!」という人は【夏休みに向けて】勉強計画の重要性と立て方をご覧ください。

時間を意識して勉強する

キッチンタイマー

時間をより有効活用するためにも、今まで以上に時間を意識して勉強することが大切です。

そのため勉強を始める前に「勉強する内容や量」に対して「どのくらい時間をかけるか」と制限時間を設けて勉強をするとより効率的かつ、集中して取り組むことができます。

(例) 数学の問題●題を1時間で解く など

また制限時間を設けることで、時間配分や時計を気にするクセをつけることができるようになります。時間超過を防ぐためにタイマーをセットすることもオススメです。制限時間内で解くことに慣れてきたら「勉強する時間帯」を決めて勉強計画を立てることで、スムーズに勉強を進めることができます。

時間管理について詳しく知りたいという人は時間管理のコツとおすすめツール・アプリまとめをご覧ください^^

ライバルは自分だということを再認識する

勉強している学生

推薦などで進路が決まる人が増える時期であるため、つい他の人と比較してしまうかもしれません。

確かに周囲の人が良い方向に進んでいる様子を見ると不安や焦りが募ったり、自分に対してマイナスの感情を抱いてしまうこともあるかもしれません。

そのような時は、【最大のライバルは自分】だということを再認識しましょう。受験で自分と向き合い続けた日々は、今後の人生において皆さんの支えとなりますので、最後まで自分と向き合い続けていきましょう!

自分の努力を認める

女の子 笑顔

模試や過去問の結果が良くなかったり、知識が身に付かないと感じたりすると「一生懸命勉強しているのに、成績が伸びない」とモチベーションが下がることもあるかもしれません。

その時は今までに使用した参考書や勉強計画表を見返すことをオススメします。頑張ってきた過去の記録や体験は皆さんの支えになりますので、ぜひ自分の努力した成果を振り返りやる気に繋げていきましょう。

まとめ

今回は11月に意識して欲しいことをまとめました。限られた時間の中で、「志望大学に合格する」という夢を叶えるためにも今回紹介した5つのことを意識して1日1日を大切に過ごしていきましょう^^

「勉強しているけど、今のままで良いのか不安‥」「受験までにできることがわからない」という人の力になりたいという想いから、独学で勉強している皆さんのサポートを行っています。オンラインにて無料相談会も開催していますので、お気軽にご参加ください。

無料相談会への申し込みはこちら 

無料相談会について

今すぐみらスタを体験してみよう!
あなたの悩みごとをコーチが解決

みらいスタディのオンラインコーチングを試すチャンス!今なら、菅原代表のコーチングを受けられる。
やる気が出ない。集中力が続かない。計画の立て方が分からない。こんな悩みが一瞬で解決?!

無料体験はこちら

関連記事一覧